「釣具いちばん館」はロッド・リールのメンテナンスに自信アリ!壊れていてもよろこんで買い取ります!

鑑定完了!メガバス初代アームズ「ハイパーランチャーM5402A」鑑定書が到着しました。

2018年06月01日

週末に向けタックルの補充進んでいますか?
埼玉県の釣具いちばん館は夜9時30分までオープンしているのでお仕事帰りに寄っていただくことが非常に多いです。

釣具いちばん館小山です。
本日は、鑑定依頼をしていたメガバス初代アームズ(ハイパーランチャーM5402A)が鑑定書付きで返送されてきました。
めったに入荷しないロッドですので、販売ではなく店内に飾らせていただいております。

 

メガバス初代アームズ「ハイパーランチャーM5402A」店内に飾っております!

伝説の名機で、状態も良いです。
どのぐらい凄いロッドなのかは、メガバスさんのHPを拝見すると詳しく説明されています。

○「ORIGINAL ARMS」1986~
1986年、MEGABASSは、音楽活動の傍ら魚を獲って暮していた私のカスタムロッド製作からはじまっている。
そのロッドの名こそが、ARMS。
一本一本チークウッドから切り出されたウッドグリップは、顧客の手に合わせて私が削っていた。
ブランクも当時の最高弾性率と謳われはじめた30T弾性率を目指すべく、航空機産業で積極的に採用され始めたA.C.E(AIR CRAFT ENGINEERING CARBON)をいち早く導入し、試行錯誤しながら巻いたものだ。当時はネバリを重視し、27T弾性率のロッドとしてデビューした。
ガイドは、富士工業ではまだ単品パーツ販売しかしていなかったチタンフレームのSICガイド。
量産モデルとしてチタンフレームを業界で初導入したのがARMSで、当時創刊間もない頃の釣り雑誌、Basserでフルカラー掲載され、話題となった。
今日の当社へと導いてくれたエポックメイキングなロッドである。
「MEGABASSの名は知らなくても、V―FLATやARMSなら知っている」そんな創業期。
初回オーダー分は、1989年8月10日の終戦記念日に完売。
以降、どうしても、という数人の顧客に向けて、私の手空きの時に製作して納品させていただき、後年にも数本製作している。
92年には完全に生産を終えて、96年発表のデストロイヤーの開発に4年間を充てている。
ここまでの生産本数は、本社の記録によれば、総計98本。すべて私一人で製作したものだ。
HPより引用

 

釣具いちばん館のお役立ち情報

釣具いちばん館では、お役に立つ情報を公開しております。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
今後とも釣具いちばん館をよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
小山晃弘
釣具いちばん館大宮宮原店の小山です。
釣りはオールジャンルやります。何でもご相談ください!
当店の自慢は中古ルアーの品揃えは地域ナンバーワン!!
さらに新品中古共に初心者からトーナメンターまでの幅広い品揃えをしています。
是非一度御来店くださいませ!
【釣具いちばん館大宮宮原店】
店舗住所:埼玉県さいたま市北区奈良町51-4
電話番号:048-729-4946
営業時間:11:30~21:30
取扱商品:
ロッド、リール、ルアー、フック、シンカー、ライン、ケース、DVD、雑誌、雑貨など

買取強化ブランド

買取の流れ 詳しくはこちら
PAGETOP
店頭買取
買取の流れ